趣旨

営業力検定協会とは

日本商工会議所が平成18年1月に実施したLOBO(早期景気観測)調査の結果では、業況DI(増加・好転などの回答割合-減少・悪化などの回答割合)のマイナス幅は、4か月ぶりに再び拡大するという結果となりました。しかし、近年の失業率の増加、経済格差の拡大の問題は増加の一途をたどっています。

力のある人のみが生き残るという実力世界の中で、勝ち組になるにはどうすればいいのか?特に営業部門では、実力の差が数字で現れるために、より厳しい世界であり、そういった中で、営業に携わる個人一人ひとりはもちろんのこと、営業力強化を問題点としている企業が増えてきているように感じられます。

これらの問題を解決するため、個々の営業力を高めるための取組みが求められています。聞き方、話し方などのコミュニケーション力、問題解決力など、営業力を高めることは、雇用機会の獲得、更には地域経済の活性化にもつながるものと確信しています。 これまで営業に携わる中で、営業力に関するセミナー活動も行ってきましたが、この度活動規模の拡大で組織体としての基盤を固めるとともに、社会的な信用をより強固にするためにも、本法人の設立の必要を感じ発足いたしました。

概要

団体名称
特定非営利活動法人 営業力検定協会
設立
平成19年9月11日
目的及び事業

この法人は、営業に携わる人及び営業に興味を持つ人を対象とし、営業活動を行う上で不可欠なコミュニケーション力、問題解決力など営業に必要な知識・技能・技術を高めるための指導育成及び検定を実施することにより、営業力を高める機会を提供すると共に営業力を客観的に測る基準を作り、営業力検定を広く周知・浸透させることで、雇用機会の拡充と経済活動の活性化に資することを目的とする。

この法人は、前掲の目的を達成するため、次に掲げる種類の特定非営利活動を行う。

  • (1) 経済活動の活性化を図る活動
  • (2) 職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動
  • (3) 前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動
主たる事務所
兵庫県神戸市中央区江戸町85-1 ベイ・ウィング神戸ビル9階